2012年03月07日

100〜500ベクレル地区も容認 農水省、コメ作付け 条件付きを何と見ます?

うら悲しく考える冒険や、無意識ににこっとしてしまう話って色色ありますよね。
腹が立つか、ニタニタするか、安心感か・・・
食品の安全の事を表しててみましたんです。

☆★☆

100〜500ベクレル地区も容認 農水省、コメ作付け 条件付き
産経新聞 2月28日(火)21時30分配信

農林水産省は28日、東京電力福島第1原発事故に伴う平成24年産のコメの作付けについて、23年産のコメの調査で100ベクレル超500ベクレル以下の放射性セシウムが検出された地区でも、全袋調査など一定条件を満たせば作付けを認める方針を発表した。鹿野道彦農林水産相は「(生産者は)作付けしたい意欲をお持ちであり、実情に合わせた対応を考えた」と説明した。

方針は、100ベクレル超500ベクレル以下の地域について、作付け制限を行うことを基本とするものの、(1)収穫後の全袋調査の実施(2)作付け前の除染(3)作付けする水田の管理体制の構築−といった条件が整えば、作付けを認めるとした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120228-00000618-san-soci

★☆★

とりあえず。のらりくらりと。
なんだかんだ、どうもどうも。
ザイケン○×○


今年になって、経済の変化がおおきく変わっていく兆候があります。その傾向は、インターネットの世界でも顕著に現れています。一例を上げると、ショッピング枠の現金化・小岩ショッピング枠の現金化・松戸、また石川県でのクレジットカードショッピング枠現金化福井県でのクレジットカードショッピング枠現金化などといった調べ方が出ています。以上のような検索キーワードが、今現在の社会状況を反映させているいるといってよいかもしれません。そして、最近ではや、また・なども検索回数が増えてきています。このように、社会の変化の一端が現れてきています。
今の指導
いまの修得
今日の課程
posted by はやてnffu at 10:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。